働き方を本気で考える

働き方とは…

先日のジャカルタにて

大いに考えるテーマでした。
 
 
 
 

画像の彼女

韓国人の経営する

人気焼肉屋で働いています。

月収 2.5万

1日13時間労働

家賃 7千円(クーラー無し)

過酷な労働環境です。

虐げられた労働環境だなと

感じます。
 
 
 
 

しかし、発展途上国の

格差は尋常では無い。

日本は差は少ないです。

格差社会とは言われていますが。

しかし、日本のサービス業も

過酷な労働環境のままのところが

多いのも事実。
 
 
 
 

法人の場合は基本社会保険加入は義務。

個人事業主の場合は

5名以上は加入義務。

労災は1名でも雇用したら加入義務。

義務は果たさねばなりません。

結構ザックリが多い業界なので

キチンと整えていくべき業種だと

思います。

先日のジャカルタでの

過酷な労働環境を目の当たりにして

キチンとすべきだと思いました。

 
 
 
 
しかし、社会保険は

社員と会社が折半。

かなり負担は大きくなります。

社会保険に加入して

経営が立ち行かない

そうなる場合もあるのではと思います。

中小企業は

守ってくれない今の日本。

結局、自分で成長するしか無いのです。

経営者を誰も守ってはくれません。

殿になるとは

そういうことなのかもしれませんね。

サービス業の未来のためにも

社員が働きやすい環境を作らねば。